プロフィール

「ほどよい暮らしのはじめかた。」筆者のプロフィール

お花畑

はじめまして、「ほどよい暮らしのはじめかた。」をご覧くださりありがとうございます。

30代後半アラフォー、アメリカ在住歴8年の主婦『倉嶋(くらしま)ひすい』が配信しています。

高校卒業後、大阪で10年ほど『OL生活』をした後、ハワイへ移住。今はアメリカ・北西部に引越し、『夫と子供2人の家族4人』で住んでいます。

自己紹介

ワークスペース

 

まずは簡単に自己紹介をさせていただきます。

出身地生まれも育ちも、大阪
住んでいるところアメリカ・北西部5年(内ハワイ・オアフ島3年)
家族構成夫、子供2人(小学生の長男・未就学児の長女)の4人家族
職業主婦、日本では事務職(一般・派遣を含め約10年間)
趣味美味しいものを食べること、旅行、歴史探訪、カフェ巡り
興味のあることシンプルライフ、ミニマリズム、オーガニック、サスティナブル、ベジタリアン(わたしは、ペスクタリアンです)、ライブミュージック、歴史(とくに近代史)、日本伝統文化、人の話を聞く
訪れた海外の都市シドニー、バンコク、ソウル、ニューヨーク、ハワイ・ホノルル、シアトル、バンクーバー、ポートランド他 リピート大好きです(2019年現在) 
3度の留学経験高校2年(オーストラリア:1ヶ月)、大人ハワイ留学2回(1回目:3ヶ月、2回目:7ヶ月)

 

『ゆるミニマリスト』になって3年です。

ミニマリスト

郊外にある『65平米の賃貸アパート』に家族4人で住んでいる、ゆるミニマリストです。必要ないモノもありますが、基本的にモノが少ないのでそれほど狭いと感じません。

なぜゆるミニマリストになったのかと言いますと、数回の引越しを機に、『モノを減らして身軽になった方がストレスが少ない』と感じたからです。

アメリカの生活ですから、大きな庭付きのお家に住む憧れもあります。『まめなタイプではない』ので、掃除したり庭をメンテナンスすることを考えると、「今はこの暮らしがちょうどいいのかなぁ」と思います。

多肉植物
ゆるミニマリストになった理由【片付けられない歴約30年の過去編】わたしは「ゆるミニマリスト」です。 【ミニマリストとは?】 「ミニマリスト 持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす...
ゆるミニマリストになった理由【実践編】前回にご紹介した、「ゆるミニマリストになった理由【片付けられない歴約30年の過去編】」はいかがでしたでしょうか? お見苦しい点もあ...

食べることが大好きな『ペスクタリアン』です。

ベジタリアンのサラダプレート

健康と節約のために、食事はほとんど家で料理して食べています。病気をきっかけに健康に目覚め、オーガニックや地産地消の食材を取り入れるようにしています。

オーガニックとは?私がオーガニックを使い始めた理由
オーガニックとは?私がオーガニックを使い始めた理由オーガニックという言葉を知って使いはじめたのが、10年以上も前になります。わたしはそのとき、日本にいました。今では食品で約50パーセント...

アメリカでは『オーガニックの美味しい食材が安く手に入る』ので、素材を活かせてシンプル簡単に調理しています。

外で食べるときはこだわることなく、「友人や家族と持ち寄りパーティー」を楽しんだり、「たまには息抜きでレストラン」へもいきます。子どもたちはファストフードが好きなので週末疲れたときはお世話になっています。

『ペスクタリアン(魚菜食主義者)』歴7年でお肉を食べない生活をしています。「長男を妊娠中にお肉が食べられなくなった」ことがきっかけです。野菜を中心に魚介類を少しだけ、わたし以外の家族はお肉も美味しくいただいています。

ベジタリアン・プレート
【ペスクタリアンになった理由】ベジタリアンとのちがいは?わたしはペスクタリアン歴8年になります。 ペスクタリアンってなに?ビーガン?ベジタリアン?と思う人も多いでしょう。ペスクタリアンは...

『暮らすように』旅をしたい

旅行

旅行が好きで日本で住んでいたときは、『ほぼ年に1回のペース』で海外旅行に行っていました。アメリカに移住してからも「家族と行ける範囲」で時間を見つけては旅にでています。

『歴史的な場所や現地の人たちの生活』に興味があります。『暮らすように旅する』スタイルが好きです。

子どもがもう少し大きくなったら、『好きな時にいつでも旅行できる暮らし』をすることが目標です。

『ほどよい暮らしのはじめかた。』ブログをはじめるきっかけ

ワークスペース

長い間、『ほどよく暮らせない人』でした。完璧主義で、熱しやすく冷めやすい、こだわるとトコトンこだわるけれど長く続かない人でした。

『とりこし苦労』が多く、成果を出す前に諦めてしまい、できない自分を責めました。人と比較しては、できない自分のアラ探し、いつも周りの人からどう見られるか気にしていたのだと思います。

『完璧主義で長続きしない人』が、ゆるく楽しく暮らすにはどうしたらいいのか?

WHY なぜ?

考えた結果、日々の暮らしで100パーセントを目指すより、80パーセントできたら満点だとハードルをさげる努力をしました。

・「80パーセント」できたら満点

・「70パーセント」できたら上出来

・「50パーセント」達成できたら、頑張った自分をほめる。

ハードルを下げることにより、小さな一歩』で成功を積み重ねて、持続可能になるからです。それを繰り返すことにより、たどり着いたのが『ほどよく暮らす』ことでした。

今小さな2人の子育てをしていますが、生活環境が違うアメリカで、不器用なわたしでもなんとかやっていくことができます。

『頑張りすぎているとき』や、『疲れたとき』は「ほどよく、ほどよく・・・」といつも頭の中で唱えています。

『今の生活を変えたい』、行動に移すまで時間がかかった

時間

わたしは今30代後半、アメリカに住んでいますが、大阪でOLをしていた20代前半のころ、海外に住むなんて想像できませんでした。「近い将来、何をしたいか」すらも想い浮かばなかったんです。

『今の生活を変えたい』、『前に進みたいと思っているけど、どうしたらいいのかわからない時期』が長く続きました。

なので社会人になってからも「長期で海外に行ってみたい」という想いは片隅にありましたが、当時のわたしにはハードルが高すぎました。

友人や家族に何度も相談してアドバイスをもらったり、悩みを克服し理想の暮らしを手に入れた方のブログを毎日食い入るように読みました。

そのことがわたしにたくさんの勇気を与えてくれました。そして日々の中で、今できる小さな一歩を積み重ねたことで、人生観がかわり低迷期をのりこえ、前向きに暮らすことができているのです。

以前は失敗することが怖かったですが、今は『失敗から学ぶことの大切さ』がわかるので、「新しいことをはじめるハードルが低く」なりました。

わたしの体験が、悩める人の「一歩ふみ出す」きっかけになれば

階段をのぼる

思い描くような暮らしをしようとしても、『すぐその目標を忘れがち』になってしまいます。

なぜなら日々の暮らしに追われて、良いアイデアが浮かんだとしても、行動を起こす前に忘れてしまうことがほとんどでした。

ブログに綴ることで、『忘れがちになった想い』を書き留めることができます。もっともっと『人生を楽しく生きやすく』したい。

そして今度はわたしの体験をシェアすることによって、『今少しだけ変わりたい』みなさんの一歩ふみ出すきっかけになれば幸いです。

ブログで配信していきたいこと

わたしが日々実践しているシンプルな暮らしを中心に、

「日々を楽しむ、暮らしのコツ」

「理想の生き方」

「旅行や留学について」

「感じていること・想うこと」

を書いていきます。

こんな人におすすめします。

・今少しだけ生活を変えたい

・暮らしのアイデアがほしい

・シンプル・オーガニックライフをはじめてみたい

・ハワイやアメリカの生活に興味がある

・旅行が好きで、留学に行ってみたい

あなたの「ほどよい暮らし」がみつかりますように。

プロフィールをご覧いただきありがとうございました。

 

◆ブログランキングに参加しています。もしこちらの記事を気に入っていただけましたら、下のボタンをクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ